【KJらーめんブログ】東京都港区『西麻布 五行』さんで『博多一風堂』さんプロデュース!唯一無二の名物焦がし味噌麺!

KJ
東京メトロ日比谷線六本木駅の西、東京都立青山公園南地区の南の星条旗通りに店を構える『西麻布 五行』。

あのキアヌ・リーブス氏もお忍びで訪れるというセレブや芸能人の御用達店なのだとか。

KJはそんなミーハー心よりも”焦がし”の技法を用いた味噌ラーメンに興味津々。東京出張の際に早速訪れてみました!

西麻布 五行

五行は「呑んで、つまんで、麺で〆る」というコンセプトのもと、おいしいお酒や一品料理とともにラーメンを味わえる”ラーメンダイニング”です。”焦がし”の技法による独創的なラーメンをはじめ、旬の食材を使用した創作メニューや、バラエティに富んだお酒をご用意しております。

「五行」はその名の通り、古代中国に端を発する「陰陽五行説」をもとに店を設えています。万物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素からなるという考えです。

「木」のぬくもりが感じられるテーブルやカウンターを設置。

そこからお客様はスープを焦がす時の豪快な「火」が上がるのを楽しく眺めることができます。

店内の壁は全て「土」壁で、中でも石や瓦を塗り込めた博多塀が印象的。

客席からもよく見える厨房にはフライパンやお玉など磨き上げられた「金」属の調理器具が並びます。そして、ラーメンや料理、お茶も含めて店内で使われる「水」は五行が最も大切にする食材であり、すべてミネラルウォーターを使用しています。

これら五つの要素をバランスよく配置することが「五行」の設計コンセプトです。

2000年11月に福岡で誕生し、ラーメンの味の決め手となるタレを中華鍋で焦がすという斬新な手法で豚骨文化の福岡のラーメンファンを魅了した「五行」は、2003年6月に東京都港区西麻布にオープンするや、同年の第4回東京ラーメン・オブ・ザ・イヤーの味噌ラーメン部門最優秀賞と最優秀新人賞をW受賞。京都や名古屋や香港にも進出し、「一度食べたら忘れられない」とファンを増やし続けています。

麺メニュー

  • スペシャル焦がし醤油麺 ¥1,290
  • 焦がし醤油麺 ¥890
  • キャベツ焦がし醤油麺 ¥1,050
  • もやし焦がし醤油麺 ¥1,050
  • キャベツもやし焦がし醤油麺 ¥1,150
  • チャーシュー焦がし醤油麺 ¥1,200
  • ハーフ焦がし醤油麺 ¥690
  • スペシャル焦がし味噌麺 ¥1,290
  • 焦がし味噌麺 ¥890
  • キャベツ焦がし味噌麺 ¥1,050
  • もやし焦がし味噌麺 ¥1,050
  • キャベツもやし焦がし味噌麺 ¥1,150
  • チャーシュー焦がし味噌麺 ¥1,200
  • ハーフ焦がし味噌麺 ¥690
  • スペシャル五行とんこつ麺 ¥1,290
  • 五行とんこつ麺 ¥890
  • 味玉五行とんこつ麺 ¥1,050
  • キャベツもやし五行とんこつ麺 ¥1,150
  • チャーシュー五行とんこつ麺 ¥1,200
  • ハーフ五行とんこつ麺 ¥690
  • スペシャル塩麺 ¥1,290
  • 塩麺 ¥890
  • ハーフ塩麺 ¥690

のせもの

  • キャベツ/もやし/メンマ/味付玉子/のり/ねぎ 各¥160
  • のり&ねぎ/味付玉子天 各¥210
  • キャベツもやし ¥260
  • チャーシュー ¥310

KJオーダー:スペシャル焦がし味噌麺

スペシャル焦がし味噌麺 ¥1,290

近くのBARで呑んでいたため、訪れたのは0時過ぎ。並ぶことなくカウンターへ通されました。

こちらの焦がしラーメン、写真では何度か拝見していたが、実際に提供されるとそのヴィジュアルに度肝を抜かれます。

黒い器にギラつく黒いスープ。そして、立ち上る湯気は僅か…。その風貌を不気味に感じながらも、確実に惹かれています。
“ワル”な佇まいのラーメンです。

豚骨や鶏ガラ、香味野菜などを6時間かけてじっくり火入れし、出汁を取った清湯スープを使用しているそうです。味噌ダレはふくよかな甘味のある九州味噌数種類をベースに、西京や岩手の味噌を秘伝のレシピでブレンド。”焦がし”の技法で香りや甘みが際立つように設計されているとのこと。

ラードを入れて300℃まで熱した中華鍋に、味噌ダレを投じて一気に焦がしています。火柱が立ち上がる瞬間の圧巻の光景は客席から見ることができます。これは1つのエンターテイメントです。あとはひき肉や玉ねぎ、清湯スープを合わせればスープの完成となります。

高温であることは容易に予想できるのですが、ラードで封じられており上る湯気は僅かです。恐る恐る少量のスープを口に含むと、味噌の風味や甘みとともに焦がしが生んだ仄かな苦味と香ばしさが広がります。これは初めての味わいです。

まずは驚き。その複雑な味わいを確かめるが為に何度も口にしてしまいます。そして「美味い」の一言。

麺は厳選した数種類の小麦をブレンドして作られている自家製平打ち麺。茹で加減はアルデンテで、「博多一風堂」さんがプロデュースしているお店らしい食感だと言えるでしょう。低加水の平打ち麺は小麦の控えめな味わいが、スープと合わさることで味噌のコクや風味をよく引き立てています。

個人的に「味噌ラーメンの麺は中太縮れ麺よりも中細ストレート麺の方がスープがよく絡むのではないか?」と感じていましたが、この麺を食べてその考えを強くしました。

脂控えめでもジューシーな豚バラチャーシュー、半熟具合の絶妙な味付玉子は1.5個、甘み引き立つ茹でキャベツにナルトにのりと、オーソドックスでありながらも食材の旨味をしっかりと活かした具材が盛り付けられています。

半分を食した頃には、スープの温度も下がり始めます。すると、味噌本来のコクや風味、甘みがより際立ってきます。とんだ”ツンデレ”スープです。この味の変化には心を奪われてしまいました。また食べたくなる一杯です。

近くにある氷室京介プロデュース「PERSONAL JESUS BAR -REVOLVER-」を訪れた際には、是非こちらにも再訪しようと思います。

【KJグルメブログ】東京都港区西麻布『PERSONAL JESUS BAR -REVOLVER-』さんで氷室京介ソロデビュー30周年に乾杯!

2018.05.01

そして、まだ食したことのない味噌ラーメン好きの方は是非ともこの唯一無二の味を試していただきたいです。バリエーションは決して多くない味噌ラーメンの、大きな可能性に出会える筈です。ごちそうさまでした!

お店情報

西麻布 五行
住所:東京都港区西麻布1-4-36ロジマン西麻布1F
電話番号:03-5775-5566
営業時間:月~土 11:30-16:00 (L.O. 15:30) 17:00-27:00 (L.O. 26:30)
日・祝 11:30-16:00 (L.O. 15:30) 17:00-24:00 (L.O. 23:30)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。