佐藤琢磨参戦!2018 Indycar/インディカー マシン・チーム・ドライバー・テスト・レーススケジュール・ライブタイミング・TV放送&ネット視聴方法・レギュレーションなど

KJ
熱戦の火蓋が切って落とされた2018年のIndycarシーズン。観戦に役立つ情報をまとめてみました!
最新情報は発表され次第、順次更新していきます。是非とも時々チェックしてみてください!!

佐藤琢磨、史上6人目の連覇に挑む!第102回インディ500!TV放送&視聴方法・レギュレーション・日程・予選&レース結果など

2018.05.27

目次はこちら

2018 verizon Indycar series


Round 16:ポートランド

ポートランドで佐藤琢磨が予選20番手からキャリア3勝目
Hondaはシーズン10勝目を表彰台独占で飾る

2018.09.02(日)
会場:ポートランドインターナショナルレースウェイ
天気:晴れ

レポート

インディカーシリーズ最終2戦はアメリカ西海岸で行われます。第16戦は2007年(前身のCARTシリーズ)以来となるオレゴン州ポートランドでの開催。ワシントン州との州境を流れる大河、コロンビア・リバー沿いに造られたポートランド・インターナショナル・レースウェイは州内最大の都市であるポートランドのダウンタウンのすぐ北という絶好のロケーションで、11年ぶりに戻って来たインディカーイベントにはとても多くのファンが集まりました。

3日間とも快晴に恵まれ、全長1.964マイルのロードコースは、フラットですがチャレンジングなコーナーを多く配したテクニカルなレイアウトとされています。

スタート直後に中団グループで4台以上が絡むアクシデントがあり、ポイントリーダーのスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が巻き込まれ、マシンへのダメージこそ小さかったのですが、最後尾まで順位を下げました。しかし、その後すぐにチャンピオン争いをしているウィル・パワー(Team Penske)が単独アクシデントを起こすなど、レースは波乱の展開が続きました。

佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は最初のフルコースコーション中に燃料を補給し、燃費セーブを強く意識した走りで上位を目指し、105周のレースの71周目にトップに立ちました。そのままトップグループに残ることができた佐藤は、最後のピットストップを行ったあとにピットタイミングを違えた作戦のマックス・チルトン(Carlin)の後ろの2番手にいったんは下がりましたが、チルトンが給油のためにピットへと消えるとトップに戻り、その後はライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)とバトル。プッシュトゥパスを巧みに使いながらハンターレイとのリードを1秒程度に保ち、ミスなく走り続けてチェッカーフラッグを受けました。佐藤にとて今シーズン初勝利、キャリア3勝目、常設ロードコースでの初勝利が記録されたのです。

2位はハンターレイ、3位はセバスチャン・ブルデー(Dale Coyne Racing with Vasser/Sullivan)でHondaは今シーズン10勝目を1-2-3フィニッシュの表彰台独占で飾りました。

ポイントリーダーのディクソンは、レース展開も味方につけたスマートな戦いぶりで5位まで大きくポジションをばん回してフィニッシュ。ランキング2番手でポートランドを迎えていたアレクサンダー・ロッシ(Andretti Autosport)は、最多リードラップのボーナスポイント2点を稼ぎましたが、展開に作戦を合わせ切れず、持っていたスピードを活かし切れずに8位でのゴールとなりました。ディクソンのポイントリードは26点から29点に広がっています。

コメント

佐藤琢磨(優勝)
「今シーズンの私たちは非常に厳しく、難しいレースウイークエンドを2度ほど経験して来ていますが、今日のレースでは最後に出されたフルコースコーションが味方になってくれましたね。もっとも、その前に私たちが決勝に用意したマシンに競争力のあるスピードが備わっていたというのも事実でした。予選は失敗に終わりましたが、そのおかげでレース用に新品のソフトタイヤ2セットを残すことができましたし、2度のピットストップでゴールまで走り切る作戦を選んだのが正解で、それが完全にはまってトップに立ち、最後はライアン・ハンターレイとのバトルを楽しんで、彼にアタックのチャンスをほぼ与えることなくゴールまで走り切ることができました。このような勝利を、これだけたくさん集まってくれたファンの前で飾ることができるなんて、今日は自分の人生でも最高の1日になりました」

決勝リザルト

2018 インディカー 第16戦 ポートランド・グランプリ 結果

Pos. No. Driver Team Eng Laps SP
1 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 105 20
2 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 105 5
3 18 S.ブルデー デイル・コイン・レーシング H 105 4
4 21 S.ピゴット エド・カーペンター・レーシング C 105 17
5 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 105 11
6 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 105 22
7 23 C.キンボール カーリン C 105 25
8 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 105 3
9 19 P.フィッティパルディ デイル・コイン・レーシング H 105 16
10 1 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 105 2
11 14 T.カナーン A.J.フォイト・レーシング C 105 24
12 6 C.ムニョス シュミット・ピーターソン H 105 14
13 88 G.チャベス ハーディング・レーシング C 105 21
14 4 M.レイスト A.J.フォイト・レーシング C 105 19
15 20 J.キング エド・カーペンター・レーシング C 105 12
16 60 J.ハーベイ マイケル・シャンク・レーシング H 105 13
17 32 A.セリスJr. ユンコス・レーシング C 105 23
18 59 M.チルトン カーリン C 105 15
19 26 Z.ビーチ アンドレッティ・オートスポート H 104 6
20 39 S.フェルッチ デイル・コイン・レーシング H 101 18
21 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 98 1
22 5 J.ヒンチクリフ シュミット・ピーターソン H 76 7
23 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 4 10
24 10 E.ジョーンズ チップ・ガナッシ H 0 8
25 98 M.アンドレッティ アンドレッティ・ハータ・オートスポート H 0 9

放送予定

第16戦ポートランド・グランプリ
解説:松田秀士
実況:村田晴郎

9月3日(月)22:00 ~ 1:00
9月7日(金)20:00 ~ 23:00
9月9日(日)8:00 ~ 11:00

インディカー・シリーズとは?

北米最高峰のフォーミュラレースとして、米国・カナダで年間17戦が開催される。コースの種類は大きく分けて3つあり、F1のようにレーシングコースで行われる“ロード”、市街地コースの“ストリート”のほか、楕円形のコースを高速で周回する“オーバル”でのレースが本シリーズの特徴。なかでも、今季101回目の開催を迎える「インディ500」は、F1モナコGP、ル・マン24時間と並び、“世界三大自動車レース”に数えられる、伝統のレースである。平均速度は予選で約362km/h、決勝で約354km/h、最高速度は380km/hにも達する。

マシン

シャシー

インディカー・シリーズで用いられるシャシーは伊・ダラーラのワンメイクで、2012年より第4世代のシャシー「DW12」が使用される。シャシー名の「DW」は、このシャシーの開発ドライバーで2011年シーズンの最終戦ラスベガスで事故死したダン・ウェルドン選手に敬意を表したもの。

エアロキット

エアロキットはロード/ストリートコース及び低速オーバル用の「ロードコース・パッケージ」と高速オーバル用の「スーパースピードウェイ・パッケージ」の2種類が用意される。 ウィングの角度は設定範囲が決められているが、ガーニーフラップは自由に設定できる。

エアロキットは、フロントウイングリアウイングサイドウイングエンジンカバーで構成される。2017年シーズンまでは独自に開発・投入できたが、2018年シーズンからは再びダラーラ社製のユニバーサルエアロキットを全車が使用する形に戻る。

エンジン

エンジンは2012年から2.2L6気筒ツインターボ直噴エンジンを採用する。エンジンマニュファクチュアラーはホンダシボレー(実際の開発は英・イルモアが行う)の2社。

最高出力はオーバルで約550馬力、ロード/ストリートで約700馬力、レブリミットは12,000rpm。ロード/ストリートコースでは、エンジン回転数(+200rpm)とブースト圧(+11kPa)を一定時間引き上げる「プッシュ・トゥ・パス」を使用できる。

燃料

燃料は2012年シーズンより「エタノール(生物由来)85%・ガソリン15%の混合燃料」が使用されている。この配合のおかげで爆発の心配が少なく、ドライバーやピットクルーに引火しても視覚的に確認できる。

タイヤ

タイヤはファイアストン社 (ブリヂストン米国子会社) のワンメイク。1999年シーズンまではグッドイヤーも供給していた。

ロードコースではソフト(レッドタイヤ)ハード(ブラックタイヤ)の2種類のタイヤをアンダーグリーン中に装着し、かつそれぞれで2周以上走行しなければならない。

チーム・ペンスキー

ジョゼフ・ニューガーデン

   

チャンピオンシップ:1回
インディ500:0回
優勝回数:7回
ポールポジション:2回

ネット上の呼び名:新庭

ウィル・パワー

   

チャンピオンシップ:1回
インディ500:0回
優勝回数:32回
ポールポジション:50回

ネット上の呼び名:凸

シモン・パジェノー

   

チャンピオンシップ:1回
インディ500:0回
優勝回数:11回
ポールポジション:10回

AJ・フォイト・エンタープライゼス

マテウス・レイスト

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

トニー・カナーン

チャンピオンシップ:1回
インディ500:1回
優勝回数:17回
ポールポジション:15回

ネット上の呼び名:TK

シュミット・ピーターソン・モータースポーツ

ジェイムズ・ヒンチクリフ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:5回
ポールポジション:1回

ネット上の呼び名:ヒンチ

ロバート・ウィッケンズ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ

スコット・ディクソン

   

チャンピオンシップ:4回
インディ500:1回
優勝回数:41回
ポールポジション:26回

ネット上の呼び名:スットコ

エド・ジョーンズ

   

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)

グレアム・レイホール

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:6回
ポールポジション:3回

ネット上の呼び名:息子

佐藤琢磨

チャンピオンシップ:0回
インディ500:1回
優勝回数:2回
ポールポジション:7回

ネット上の呼び名:たっくん

デイル・コイン・レーシング

セバスチャン・ブルデイ

チャンピオンシップ:4回
インディ500:0回
優勝回数:36回
ポールポジション:33回

ネット上の呼び名:ボーデー、眼鏡

ザッカリー・クレマン・デ・メロ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

ピエトロ・フィッティパルディ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

エド・カーペンター・レーシング

エド・カーペンター(オーバル)

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:3回
ポールポジション:2回

ネット上の呼び名:江戸、大工

ジョーダン・キング(ロード&ストリート)

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

スペンサー・ピゴット

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

アンドレッティ・オートスポート

ザック・ヴィーチ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

アレクサンダー・ロッシ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:1回
優勝回数:2回
ポールポジション:1回

ライアン・ハンターレイ

チャンピオンシップ:1回
インディ500:1回
優勝回数:16回
ポールポジション:6回

ネット上の呼び名:RHR

マルコ・アンドレッティ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:2回
ポールポジション:4回

ネット上の呼び名:丸子

カルロス・ムニョス(indy500)

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:1回
ポールポジション:1回

カーリン・モータースポーツ(新チーム)

チャーリー・キンボール

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:1回
ポールポジション:1回

ネット上の呼び名:金玉

マックス・チルトン

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

フンコス・レーシング(新チーム)

レネ・ビンダー(セントピーターズバーグ、アラバマ、トロント、ミッドオハイオ)

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

カイル・カイザー(フェニックス、ロングビーチ、インディカーGP、INDY500)

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

マイケル・シャンク・レーシング(新チーム)

ジャック・ハーベイ

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

ハーディング・レーシング(新チーム)

ギャビー・チャベス

チャンピオンシップ:0回
インディ500:0回
優勝回数:0回
ポールポジション:0回

テストスケジュール

概要

  • マニュファクチャラーとチームはユニバーサルキット導入に際して十分テスト時間が与えられる。
  • オープンテストはフェニックス、バーバー、インディアナポリスの3か所の予定。
  • オフシーズンテスト期間は2017年9月25日~2018年3月29日
  • シーズンテスト期間は2018年3月30日~2018年9月16日

チームテスト

  • すべてのチームは5日間のテスト日が与えられ、そのうちの3日間をオフシーズンテスト期間に行い、2日間をシーズンテスト期間に行わなければならない。
  • 各チームはユニバーサルキット受領後に十分な準備期間が持てるようにオスシーズンテストは2018年1月8日以降とする
  • ルーキー参戦チームは3日間(オフシーズン2日、シーズン1日)を追加テストできるとする。
  • インディライツドライバーをテストする場合は1日追加テストできる、ただし2018年5月12日から9月16日までとする。
  • 2018シーズン新規参戦チームはオフシーズンとシーズン中にそれぞれ1日追加テストできる。

マニュファクチャラーテスト

  • ホンダとシボレーは2017年12月17日までに5日間テストができるとする。ただし、最大2台まで。インディカーはその5日間の中でシボレーはフェニックスで10月17日にテストを行い、ホンダは10月23日にテキサスでテストを行うように規定する。
  • エンジンマニュファクチャラーは2018年3月29日までに行う2日間のオフシーズンテストには、それぞれのエンジン使用チームの参加を許可しなければならない。その場合チームはテスト日としてのカウントはされない。ただし、1回のみしかマニュファクチャラーテストには参加できない。
  • ファイアストンは4日間のテストが許可される。オフシーズン2日間、シーズン中2日間として2チームまで参加が許可される。この場合はチームテスト日としてのカウントはされない。

オープンテスト

  • 4日間が設けられ、年間エントリーチームはすべてに参加しなければならない。
    2月9日・10日フェニックス 3月20日バーバー 3月27日インディアナポリス
  • 次の期間はテスト禁止とする、2017年11月20日~27日、2017年12月16日~2018年1月7日、そしてレースイベント開始から7日前まで。
  • チームとマニュファクチャラーはストリートコース以外のシーズン中すべてのレース開催コースでテストができるものとする。加えて次のレーストラックも使用できる。オートクラブ、シカゴランド、COTA、ホームステッド(オーバル&ロード)、ケンタッキー、ラグナセカ、セブリング。

レーススケジュール


佐藤琢磨、史上6人目の連覇に挑む!第102回インディ500!TV放送&視聴方法・レギュレーション・日程・予選&レース結果など

2018.05.27

視聴方法

ライブタイミング

Indycar Race Control

無料ですが、登録が必要となります。

登録フォームを開き、情報を入力します。

First Name:名
Last Name:苗字
Email Address:Eメールアドレス
Verify Email Address:Eメールアドレス確認(もう一度ご記入ください)
Zip/Postal Code:郵便番号
Mobile Number:携帯電話番号

Opt-in to IndyCar Series Communications:
Yes: No:
(Yesにチェックすると、最新ニュースなどのEメールが配信されます)

Gender:性別
Male:男
Female:女

Username:ユーザー名

Password:パスワード
Verify Password:パスワード確認(もう一度ご記入ください)

以上を記入し、【Join IndyCar Nation】をクリックすれば完了です。

TV中継

佐藤琢磨、史上6人目の連覇に挑む!第102回インディ500!TV放送&視聴方法・レギュレーション・日程・予選&レース結果など

2018.05.27

GAORA SPORTS

インディカー2018シーズン全17戦をお届け!新チームで挑む佐藤琢磨に注目!

2017シーズン、インディ500制覇という歴史的偉業を成し遂げた佐藤琢磨。チームをアンドレッティ・オートスポーツから2012年以来の復帰となるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに変え、過去5人しか達成していないインディ500連覇、そしてシーズンチャンピオンに挑む!GAORA SPORTSでは2018シーズンも全戦を生中継中心にお届けします。

ネット配信

未定

2018レギュレーション変更点

  • インディ500予選でのポイントはTOP9とし、ポールポジション9点で1点ずつ減ってゆき、予選9位1点とする。
  • インディ500以外のオーバルイベントの予選出走順はエントラントポイントのリバース順とする。エントラントポイントがない場合は最初の出走となる。2台以上ある場合はくじ引きでの出走順とする。インディ500はくじ引きでの出走順とする。
  • 2月9日10日にISMレースウェイ(フェニックス)で行われる合同テストは現地時間午後1時から午後4時までと午後6時から午後9時までとする。2月8日の午後1時から午後4時まではルーキー専用のセッションとする。
  • ポートランドでの合同テストはポートランドでのイベントウイークエンドとなる8月30日に開催。
  • インディカーGP翌日の5月13日は母の日のためにIMSのガレージはクローズとする。インディ500のプラクティス初日は5月15日火曜日とし、最初の2時間はルーキーオリエンテーション、リフレッシャーテストに当てられる。
  • 2017年内にユニバーサルエアロキットのテストができなかったチームは1台のみ、タイヤ2セットの制限のもと5時間のテストを追加で行うことができる。
  • 5イベントでタイヤの供給セット数が追加される。フェニックス、デトロイト、トロント、アイオワでは1セット追加される。これに伴い、ポイント11以下のドライバーに最初のプラクティスセッションのみに与えられた追加1セットの供給は廃止される。
  • 2018シーズンは新型パーツと車載カメラの変更に伴いレースカーの最低重量を10ポンド(約4.5㎏)増加とする。ロードストリート/ショートオーバル仕様は1,620ポンド(約735㎏)、スーパースピードウェイ仕様は1,590ポンド(約721㎏)とする。いずれも燃料、ドリンクボトル、飲料、装備品込のドライバー体重は含まれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。