【試合動画】『井岡一翔 vs アストン・パリクテ』6.19悲願の日本人初4階級制覇達成!完全版

KJ
井岡一翔選手が2年ぶりに日本のリングへ帰ってきます!

昨年末にドニー・ニエテス選手(フィリピン)に惜敗し、日本人史上初の4階級制覇には失敗した井岡選手。しかし、試合で見せたハイレベル技術戦によって、改めて世界中のボクシング関係者の評価を高めることになりました。

一方、井岡選手に勝利して見事4階級制覇を達成したニエテス選手は、ビッグマッチを求めてWBO世界スーパーフライ級王座を返上。既に他の上位ランカーが別団体でタイトルマッチを行うことを決めていたため、井岡選手に2戦連続王座決定戦という大きなチャンスが舞い込んできました。

そんな井岡選手の前に立ちはだかるのは、井岡戦前にニエテス選手と引き分けた同級1位のアストン・パリクテ選手(フィリピン)。若くて勢いのあるハードパンチャーが井岡選手に襲い掛かります。

これまでに世界3階級を制覇した日本人は井岡を含め6人いますが、4階級を制した者はいません。井岡一翔選手が日本のリングで日本人史上初の4階級制覇に挑みます!

『井上尚弥 vs ノニト・ドネア』11月ボクシングWBSS決勝!完全版

2019.05.19

『辰吉寿以輝 vs 藤岡拓弥』7.26プロ12戦目は4連続KOを目指す!完全版

2019.06.09

『亀田和毅 vs レイ・バルガス』7.14リベンジならず大差判定で完敗!完全版

2019.04.11

【試合動画】『村田諒太 vs ロブ・ブラント2』進退を賭けた運命のリマッチでKO勝利!完全版

2019.04.25

【試合動画】『井上尚弥 vs エマヌエル・ロドリゲス』5.19ボクシングWBSS準決勝!完全版

2019.02.13

【試合動画】『井岡一翔 vs ドニー・ニエテス』(TBS)日本人初のボクシング4階級制覇挑戦ならずもハイレベル技術戦で評価上昇!完全版

2018.11.04

【試合動画】『井岡一翔 vs マックウィリアムス・アローヨ』ボクシング元3階級世界王者、SUPERFLY3で現役復帰!年末に日本人初の4階級制覇をかけた大一番へ!完全版

2018.08.05

目次はこちら

アストン・パリクテ選手 vs 井岡一翔選手

Aston Palicte vs Kazuto Ioka

日程・会場

  • 2019年6月19日 水曜日
  • WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
  • 同級1位:アストン・パリクテ(フィリピン)vs 同級2位:井岡一翔(SANKYO / Reason大貴)
  • 千葉・幕張メッセイベントホール

テレビ中継:TBS

2019年6月19日 水曜日 21:00〜

実況

伊藤隆佑(TBSアナウンサー)

解説

内藤大助
内山高志

レポーター

新タ悦男(TBSアナウンサー)
杉山真也(TBSアナウンサー)

進行

赤荻歩(TBSアナウンサー)
上村彩子(TBSアナウンサー)

ネットLIVE配信:Paravi

18:40頃~:WBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦 吉田実代vsケーシー・モートン

実況:赤荻 歩  解説:内山高志

日本と東洋太平洋の女子バンタム級王座を併せ持つ“戦うシングルマザー”吉田実代が、ケーシー・モートン(アメリカ)と空位のWBO女子世界スーパーフライ級王座をかけて世界戦に初挑戦する。

吉田は、キックボクシング、シュートボクシングを経て2015年プロボクシングに転向。バンタム級より1階級下で戦うことになる吉田だが、スーパーフライ級で何度も戦っておりウェイト面は心配していない。相手は、WBO女子アジアパシフィック・フライ級王者ケーシー・モートン。戦績は吉田の12勝1敗に対し、8勝(1KO)1敗3分。今年3月にはフィリピンで日本王者の日向野知恵に判定勝ちし、初防衛に成功している。

19:40頃~:WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 京口紘人vsタナワット・ナコーン

実況:杉山真也  解説:内藤大助 ・ 内山高志

去年の大晦日、京口紘人はワタナベジムの先輩・田口良一からベルトを奪った難敵、ヘッキー・ブドラーを10R TKOで降し、無敗での2階級制覇を達成した。2019年初戦は、WBA世界ライトフライ級王座の初防衛戦。挑戦者は、元ムエタイの世界王者、同級10位のタナワット・ナコーン(タイ)。2017年にボクシングに転向、デビューから破竹の11連勝を飾り、自身初となる世界挑戦のチャンスを掴んでみせた。サウスポースタイルから繰り出される、ムエタイ仕込みのテクニックを武器に、京口からのベルト奪取を狙う!

21:00頃~:WBO世界スーパーフライ級王座決定戦 井岡一翔vsアストン・パリクテ

実況:土井敏之  解説:佐藤 修

日本プロライセンスを再取得した3階級王者・井岡一翔が、2年2か月ぶりの国内復帰戦で4階級制覇に挑む。相手は、スーパーフライ級屈指の破壊力を誇るWBO同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)。戦績:28戦25勝2敗1分け。173㎝の長身から繰り出す強打で相手をリングに沈め、なんとKO率75%のハードパンチャー!この強敵を相手に井岡は、ボクシング人生を懸けた大一番に挑む

※井岡戦は地上波生中継とは別コメンタリーで配信します。
※試合開始時間によって配信時間も変更となる可能性がありますのでご了承ください。
※全試合、後日アーカイブ配信予定です。

ボクシングトリプル世界戦の視聴ページはこちら

記者会見(2019.4.19@Reason大貴ジム)

コメント

井岡一翔選手

「負けてからの再起戦で世界タイトルができるチャンスなんて滅多にない。自分自身も話を聞いた時はビックリしました。自分としては場所を問わず、タイトル挑戦というほうが大きいですが、このタイミングで国内でやれるのはありがたい。今回は久しぶりに日本で試合をしますし、日本という地で必ず日本で初めての4階級制覇を果たしたいと思っています」

「気持ちとしては高まるというか、後がないと思っています。勝つしかないという気持ち、最後のチャンスだと思って挑む気持ちです。負けるつもりはないけど、怖さや危機感はあります。背水の陣。一言で負けられない」

「(負ければ引退?)言葉で『引退』と、やる前から決断するのは僕の考え方として違う。もしかしたらそうならざるを得ないかも、自分の決断じゃなくても職をなくす、という意味では人生懸けているし、そういった気持ちであることは間違いない」

「(前戦を振り返って)勝ったかなという試合。技術、パワーという部分で不足しているとは感じなかった。やってきたことに間違いはなかった。戦略だったり試合展開、かけひき的なものや、ちょっとした部分」

「今までと違った部分を出すのは一つの勇気。戦略としてそこに踏み込まないと。分かりやすくいうと力強いパンチを1発でも2発でも打ち込むというシンプルな部分が必要になる。ここで結果を出して前回の敗北からのストーリーを完結させたい」

「(米・ラスベガスでの合宿について)アメリカでは少し戦略的なことも考えながら、良い環境で集中して質の高いトレーニングができれば。日本のファンに海外での経験で成長した姿を見せたい。やってきた結果を見せたい」

「(パリクテについて)すごいアグレッシブ。若く勢いがあり、パンチ力もある。身長差は別に意識というか、特に嫌な印象はないですけど、スパーリングパートナーと対策をしていきたい」

「勝てば何でもいい。勝つしか次に進む道はないんで、勝つことだけを考えます。試合に向けて覚悟して臨みます」

「人としてもボクサーとしても大きな節目になる。30代でのボクシング人生の切符を掴むために、成長したところを見せて4階級制覇の偉業を成し遂げたい」

春田雄司トレーナー

「パンチの力と回転が速くなった。昨年9月の復帰戦から3倍くらいは強さが増した。まだいける」

調印式(2019.6.13@SHIBUYA109イベントスペース)

コメント

井岡一翔選手

--相手の印象は?
「相手の印象は特にないですが、来日していよいよ試合が迫ってきたなという気持ちです。対策、準備はしてきました。簡単ではなく、難しい試合になると覚悟を持ってやってきました」

--今のコンディションは?
「かなり良い状態に仕上がっているので、あとは6月19日に必ずチャンピオンになって日本で4階級制覇するだけだと思っています」

--4階級制覇への想いは?
「前回、大晦日に初めて4階級制覇に挑戦して一度失敗しているので、まだ僕の中では年を越せていないというか。そこからすごく悔しい思いをしてここに繋がっているので、必ず前回の経験も活かして、今回、4階級制覇を達成したいと思っています」

--応援してくれているファンへ
「約2年2ヶ月ぶりの日本での試合なので、この日本で4階級制覇をして、何か観ている方に伝わるものがあればいいなと思うので、6月19日、必ず4階級制覇したいと思っています。応援よろしくお願いします」

「こういうイベントがあって、少しでも試合への告知になればいいですね。盛り上がって、試合を見てもらうことにつながればいいです」

アストン・パリクテ選手

「井岡には元世界王者としての実力があるが、100%準備してきた。練習してきたプロセスを信じ、エンターテインメントあふれる試合でベルトをもぎ取りたい」

予備検診(2019.6.17@東京・ワタナベジム)

予備検診の主要結果は以下の通り。

身長
パリクテ選手:169.5cm
井岡選手:165.4cm

頸周
パリクテ選手:36.0cm
井岡選手:36.5cm

胸囲
パリクテ選手:84.5cm
井岡選手:89.5cm

リーチ
パリクテ選手:175.5cm
井岡選手:169.2cm

血圧
パリクテ選手:126/55mm/Hg
井岡選手:129/75mm/Hg

脈拍
パリクテ選手:81回/分
井岡選手:93回/分

体温
パリクテ選手:36.4℃
井岡選手:36.9℃

コメント

井岡一翔選手

「自分より大きいと思って準備してきたので、今になって細かい数字で気になることはないです。スーパーフライ級も3戦目で、フィジカルトレで積み重ねてきたので体も大きくなっています。成長期ですかね?(笑)」

「チームでやってきたプランがあるので、しっかりとした作戦として試合で出せれば、結果は必ずついてくる。やってきたことを遂行するだけです」

「パリクテ選手より背もリーチもある選手とスパーリングをしてきて手ごたえを感じています」

--首が太くなって打たれ強さも増した?
「一番は打たせないことなので、結果、プラスアルファとして活かせれば」

「今の状態はすごくいいと思いますね。いろんなことを経験してきて、今の感覚だと、リップサービスじゃなく、過去最高に良い状態だと思えるくらい充実している。まだ計量があるので、気を抜かずにこのまま最後を仕上げれば、今までで一番良い状態でリングに上がれるという感覚があります。ウェイトはリミットまであと1kgくらい」

「自分のためというより、僕に期待してくれている人に、4階級制覇をすることによってひとつの恩返しをしたい」

アストン・パリクテ選手

「身長が高いことがアドバンテージになる。リーチも長く、距離を長くとれるので、それもアドバンテージになる。でも、近い距離での戦いになっても自信がある。拳が大きいということは特に意識したことはない。今までどおり戦うだけ。KOでも判定でも勝つ自信は100%ある」

前日計量(2019.6.18@東京ドームホテル)

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
同級1位 アストン・パリクテ(フィリピン/28戦25勝21KO2敗1分)
体重:52.1kg

同級2位 3階級制覇王者 井岡一翔(SANKYO/25戦23勝13KO2敗)
体重:52.0kg

コメント

井岡一翔選手

「無事に計量を終え、いいコンディションでこられた。前回より今回と、経験も生かしてきた。あとは栄養を入れてゆっくりリカバリーをしたい。生まれ育った場所でやりやすい。スーパーとか調達しやすいので」

「現役に復帰して初めて日本で戦うので、口ではなくパフォーマンスで示したい。海外でやるために復帰した。日本で試合ができることはすごく感謝の気持ち。でもそこに甘んじて、日本でダラダラやるつもりはない」

「この試合が決まった時から、かける想いがあった。今、気持ちは充実しているし、明日のためにここまでやってきた。簡単なことではないが、自分のやってきたこと、見せたいものを4階級制覇という形で証明したい」

「(タトゥーについて)日本のジムに所属しており、日本人である以上、ルールに従う。ファッションではなく、意味があるものです」

アストン・パリクテ選手

「コンディションが良くとても気分がいい。十分に準備をしてきたので勝つ自信はある。当日は127ポンドぐらいにする。明日は必ずチャンピオンになる。明日の試合をお楽しみに。チャンスがあればKOしたい」

試合結果(2019.6.19@幕張メッセイベントホール)

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
◯同級2位:井岡一翔(SANKYO / Reason大貴)10R TKO ×同級1位:アストン・パリクテ(フィリピン)

ボクシングのトリプル世界戦が19日、千葉市の幕張メッセ・イベントホールで行われ、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨んだ井岡一翔(SANKYO / Reason大貴)がアストン・パリクテ(フィリピン)に10回TKOの勝利を収め、日本人初の4階級制覇を達成した。

9回までのジャッジペーパーでは88-83が1人、87-84が2人と、全員が井岡優位としていた。

スーパーフライ級世界王者

WBA カリド・ヤファイ(英=V4)※6月29日ノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)と防衛戦
WBC フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
IBF ジェルウィン・アンカハス(比=V7)
WBO 井岡一翔(Reason大貴)

試合動画

コメント

両選手のコメント

勝者:井岡一翔(SANKYO / Reason大貴)

テレビ勝者インタビュー

--それでは、見事新チャンピオンに輝きました井岡一翔選手です!おめでとうございます!
「ありがとうございます」

--日本人史上初めての4階級制覇達成です!
「いや、今はすみません…まずは初めに感謝の言葉しかないです。本当にこの試合に向けて、僕が復帰してから僕以上に期待してくださった方々に、この勝利を捧げたいです。ありがとうございます」

--チャンピオン自身も背水の陣で迎えたこの一戦。ただ、新しいベルトがまた増えました!また違った重みがあるんじゃないですか?
「そうですね、このベルトを獲るために全て賭けてきたんで、今日こうして皆さんの前で、日本の地で、4階級制覇を達成できて本当に嬉しく思います」

--復帰してきて、また頂点に立ちました!様々な期待というのが高まっていると思います!
「そうですね、本当にこれからも僕が、自分が思うように、好きにボクシングをやっていって、その中で結果で応えていきたいと思うので、これからも皆さん、応援よろしくお願いします。本当に今日は久しぶりの日本のリングに立ちましたけど、本当に背中を押してもらいました。ありがとうございました」

--見事、日本人初の4階級制覇達成しました井岡一翔選手でした!おめでとうございました!

囲み会見

--率直な気持ちをお聞かせください。
「見せたかった景色を見せられたと思います」

--ベルトの感触はいかがですか?
「いろんな意味で重たい。大みそか悔しい思いして、今回チャンス巡ってきた。そこから、このベルトをとるためだけを考えて生きてきた。自分でも4階級制覇は、復帰してからも簡単ではない険しい道でしたけど。大みそかの続きをこういう形で意味があることを証明できた。4階級のストーリーができた」

--終わった時は喜んでいた。格別ですか?
「ちょっとうろ覚えの感じ。終わった瞬間、興奮しすぎてリング、ロープから落ちかけた」

--10R、最初に効かせたパンチは?
「たぶん、右ストレートのカウンター。すごい右ストレートを警戒していたので、合わせるのが難しかった。だんだんリズムよく見えてきた。最後あのパンチ当たって、効いたと分かった瞬間『ここしかない』と思って、思い切りまとめました」

--以前、攻めきれない自分が悪かったと言っていました。
「その経験を活かせた」

--最初、相手と拳を合わせた印象は?
「思ったより距離も長かった。準備したから対応できたけど、1R始まってやりずらかった。懐深かったし、距離も思ったより長かった」

--ここから思い描くものは?
「死に物狂いでこのタイトル獲ったので、このWBOのベルトを海外にいくチケットとして海外の他団体の王者と戦いたい」

--1Rの狙いは?
「戦略としては、相手は前に出たら強い選手。逆に下がらせる展開をつくるのに、向き合った時の場所。特に体の位置を右にした。左を攻めて、右を詰めていく。向き合って、パンチもあった、テクニックもそこそこある。入っていくのは難しかったけど、練習でそういう相手とスパーリングをずっとこなしてきた。リズムをつかめてから、勇気を持ってやってきたことを出せた」

--勇気を持ってできましたか?
「勝つために何をやるか。気持ちだけだと無理。勝つためにやるべきことをやるために一歩、踏み入れました。3~4Rで距離をつかんできた。最初は我慢比べ。相手の左のパンチうまかった。リードも思った以上に伸びてきた。7Rくらいで、相手が連打してきた。何発か終わるかとブロックした。勝負に来たので、ここで勝たないと勝たないと思った。思い切り打ち合った。相手はボディーも効いていた。下がらずに打ち合って、またプレッシャーをかけられた。相手の気持ちも折れた」

--7Rがターニングポイントでしたか?
「スタミナも自信があった。どこで打ち合っても勝つ気持ちがあった」

--下がらずに打ち合うことができたのはなぜでしょうか?
「前回の結果もあった。はっきり白黒つけたかった。階級を上げて、しっかり打ち勝っていかないと。今までの技術だけではおかしいけど。勝負しないといけないという気持ちがあった」

--7Rで相手のラッシュは効きましたか?
「ガードからイカれたのは、若干、脳が揺れた。効いたというより、ヤバイと思った。なんやろ。焦った。会場もざわついていた。俺やばいんかなみたいな」

--今だから言えるしんどさはありますか?。
「プレッシャーでしょ。ここまでやるって言って。ボクシングに踏み入れた以上、口だけで終われない。リングの上で証明するしかない。一度、引退して復帰して、より大きなこと言っているので。言って、大みそかがあって。それで今回、ただならぬ気持ちで人生を懸けて。負けられないというプレッシャーがある。相手が強いの分かっている。そうとうなプレッシャーがあった。どんなときも強い気持ちを持って、一日一日、わかりやすく言えば、明日のことを考えずに全力でチームで練習をこなそうと思った」

--あえて自分で大きなことを言って自分を奮い立たせましたか?
「ないですけど。わかりやすく証明するため、この道しかない。他のボクサーと同じことをしても一緒にしか評価されない。違うことをして、自分がやりたいことをして。評価を求めるわけじゃないけど、応援もらっている人に井岡って違うなと思わせたい気持ちは強かった」

--感情が高まったのは久しぶりですか?
「試合前からいろんな感情がこみ上げてきた。泣きそうになるじゃないですけど。奮い立つものが常にあった。それをみんなに分かってほしいじゃないけど、ずっと追われてている気持ち。追い詰められている。でも、自分でやっているし、これだけの舞台を用意されているのは、限られた人しかいない。このリングでできることを幸せをかみしめて、結果で感謝を示す気持ちでやった」

--今後は海外ですか?
「そうですね。今日は久しぶりに日本で試合ができて、力をもらえた」

--終わった時はどんな気持ちでしたか?
「分からないです。いろんな思いがあるからこそ、いろんな思いを爆発しました」

--8年前にミニマム獲ったときとの感情の違いはありますか?
「8年前にとった感情に近い。2、3階級、防衛戦しているより初めてチャンピオンになった感情に近い。一回引退して、復帰して。チャンピオンベルト、世界チャンピオンになる強い気持ちがあったから」

--今日負けてたら後はなかったのでしょうか?
「そんなことは考えてない。勝つ。だからこそ追い詰めたし」

--階級を上げた挑戦。パワーと技術の融合については?
「だいぶ分かってきた。階級を上げて、この階級での大事なところとスキルアップしないといけないことがマッチした。成長しないと勝っていけない。今回もできることを準備しただけでなく成長できたから勝てた。次、勝つためにも成長できるようにまた頑張りたい」

--井上尚弥選手について思うことがあれば聞かせてください。
「僕は現役。彼を評価するのは失礼だと思う。彼は彼で偉大なことやっている。何も考えてないというとそれはウソ。でも、思うこともあるし。気を留めずに自分のことをやっていく」

--引退から復帰後、昨年末の敗戦から再起。引退はプラスになったのでしょうか?
「世界王者ですからね。自分ながらよくやった。新たな歴史を刻んだ。それが全て」

--今秋にも子供が生まれる予定ですが、王者として子供を抱けます。
「生まれてくる前にチャンピオンで迎えてあげたかった。それが実現する。あと何カ月かで生まれる」

--海外で戦いたい相手はいますか?
「いや別に…。エストラーダ選手ですかね。ずっと近いところにいる。すごい彼は世界的に評価されている。メキシコでもアメリカでも人気。一緒の興行でもやっている」

敗者:アストン・パリクテ(フィリピン)

「ダウンしなかったのに早くストップされた。あんな簡単に試合が終わり、嫌な気持ちだ。10回までは内容もあったし、勝っていた。私はもっと戦えた。残り2ラウンドやっていたら、違う結果になった。(井岡のパンチは)そうでもなかった」

マネージャー「パンチよりもレフェリーにダメージを与えられた。またこの会場で同じレフェリーだとしてもやりたい…いや、やっぱりレフェリーは替えてください」

ボクシング関係者・著名人のコメント

大橋秀行氏(元WBA・WBC世界ミニマム級王者)

最後にみせた井岡のたたみかけは素晴らしいものがあったと思う。身長、リーチ差のある相手のペースになるかと思われたが、相手との距離感をつかみ、徐々にパンチを当て、右アッパーまでヒットさせ、次第に自らのペースに引き込んでいた。仕留め切り、終わって見れば必然のTKO勝ちのような展開だった。7回のパンチ連打で疲れたパリクテの失速が早かったこともあるが、それを差し引いても既にパリクテは攻め手がなかったように思う。

大みそかのニエテス戦で感じていた井岡のスーパーフライ級でのパワー不足は、もう解消されていたと言っていい。日本男子初の4階級制覇を達成した後、まずは指名試合をクリアすることになると思う。私は井岡のその後を楽しみにしている。まず私の大橋ジムには井岡と同じ階級で4階級制覇を狙う八重樫東がいる。ミニマム級王座統一戦で1度対戦していますが、ぜひ八重樫の挑戦を受けてほしいと思います。(「日刊スポーツ」より)

浜田剛史氏(元WBC世界スーパーライト級王者)

対応力を身に付けた井岡に今、一番の強さを感じた。序盤、体格の差による距離に苦戦を強いられた。だが、我慢でしのぎ、4回以降、徐々に自分の距離に持ち込んでいく。流れの奪い合いの中、ポイントは7回の攻防だった。パリクテが前に出てきて攻勢をかける。井岡は打たれながら、このまま下がればピンチとなる場面でラウンド後半に持ち直した。これで井岡は流れを相手に渡さずに済んだ。それが10回の猛攻、勝負どころの爆発につながった。出てきた相手の右に合わせた井岡の右カウンター。ぐらつくパリクテに連打を浴びせレフェリーストップのTKO勝利を勝ち取った。

4階級制覇に失敗した前回の試合、反省点は手数の少なさだった。今回のパリクテ戦の戦い方は、正面から打ち合う、外して打つタイミングを図る、相手が打つ前に打つ、などの選択肢があったが、井岡はその全てを出し、それに多彩な手数をプラスした。反省を生かした最高の試合で、日本人初の偉業を成し遂げた価値ある勝利だった。(「浜田剛史の目」より)

山中慎介氏(元WBC世界バンタム級王者)

僕の採点は序盤の2回までパリクテだったが、3回以降は10回にTKO決着がつくまで、ほぼ井岡のラウンドだった。毎回、思うことだが、井岡は非常に対応力があり、考え抜いたボクシングをする。それを動きに出せる冷静さがあった。体が大きくパワーのある相手に最初は戦いづらかっただろうが、回を重ねるごとに技術が際立ち、中盤以降は勝つと確信した。

空振りが多かった相手と比べ、パンチは精度が高く正確で、左右のコンビネーションの出す場面やタイミングも良かった。相手は攻防が分離していて、打ち終わりに隙が出る。それを見極め、左ボディーを打ち込んで体力を効果的に削り取った。キャリアで差が出たのは7回。一気に前に出たパリクテだったが、疲れる前に攻撃を止めることができず自分を不利な状況に追い込んだ。

判定に持ち込まず前に詰めて仕留めたことで、この階級で期待できると示せた。4階級制覇は本当にすごいが、井岡がスーパーフライ級で真の評価を得るのはこれからだろう。WBC王者のエストラーダらとの統一戦をファンは望む。さらに強打と高い技術を持った強豪を相手に強さを試してほしい。(「山中慎介ジャッジ」より)

田中恒成選手(WBO世界フライ級王者 / 畑中)

「パリクテ優位に進んでいる中で、ワンチャンスを逃さなかった。KOになるとは正直思わなかった。技術が高いのは当たり前だけど、こういうすごい大切な試合を強い選手を相手にKOで勝つというのは、ボクサーとしてすごい。(対戦については)それは階級上げた時の話なので。純粋に今日は強い選手2人の試合を見にきただけ」

八重樫東選手(元3階級制覇王者 / 大橋)

「元々の井岡君のスタイルに戻して、決めるときはしっかり決めた。良い試合でした。俺だったらこう戦うなと思いながら見ていた。俺と戦ったら面白いんじゃないですか。俺と戦ってください」

田口良一選手(元WBA・IBF世界ライトフライ級王者 / ワタナベ)

「パリクテ選手がパンチが強く巧さもありましたが、井岡選手がギリギリのところで抜け出した感じでした。最後のラッシュはほとんど当ててすごい当て感だなと思いました。ここ最近さらに強くなっていてどこまでいくんだろうという感じです」

KJインプレッションズ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。