村田諒太 vs ゴロフキン!次戦12.29メガマッチ!アマプラ生配信!

KJ
村田諒太選手が熱望し続けてきたメガマッチが遂に決定しました。会場はさいたまスーパーアリーナ、対戦相手はIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン選手です。

村田選手は新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合が6度も中止に追い込まれており、2019年12月のスティーブン・バトラー選手(カナダ)との初防衛戦から試合を行えておらず、実に2年ぶりのリングとなります。しかし、遂に実現するスーパーファイトに気合は充分でしょう。

「GGG」の異名を持つゴロフキン選手は、アテネ五輪ミドル級の銀メダリストで2010年8月にWBA世界ミドル級暫定王座を獲得。正規王者に認定されると、実に19度も防衛してWBC・IBF王座も統一。世界ミドル級3団体統一王者として米リング誌PFP1位にも君臨し続けた世界的スーパースター。18年9月に現スーパーミドル級3団体統一王者サウル”カネロ”アルバレス選手に敗れて王座から陥落したものの、19年10月にIBF王座に返り咲き。昨年12月に防衛戦を行っており、1年ぶりのリングとなります。

村田選手とゴロフキン選手は、2014年7月にゴロフキン選手のトレーニングキャンプで3度のスパーリングで拳を交わした経験があり、村田選手はゴロフキン選手からの指導も受けています。あれから7年の月日が流れて村田選手も王者となり、当時とは比較にならない実力を身に付けている筈。ゴロフキン選手のイメージが正しく更新されていなければ、同じシチュエーションだった辰吉vs薬師寺戦のような大番狂わせも決して夢ではありません。

この記事では、村田諒太選手とゲンナジー・ゴロフキン選手が激突する日本ボクシング史上最高のメガマッチを追います!

 

WBAスーパー&IBF世界ミドル級統一戦
村田諒太選手 vs ゲンナジー・ゴロフキン選手

Ryota Murata vs Gennady Golovkin

日程・会場

  • 2021年12月29日 水曜日
  • WBA・IBF世界バンダム級統一戦
  • WBAスーパー王者:村田諒太(帝拳) vs IBF王者:ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
  • 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
スポンサーリンク

生配信:Amazon Prime Video

放送時間

  • 2021年12月29日 水曜日
スポンサーリンク

テレビ録画放送:フジテレビ

ティザー

  • Coming Soon…

放送時間

  • Coming Soon…

 

スポンサーリンク

データ

村田諒太(35歳=帝拳)

  • 生年月日:1986年1月12日
  • 出身:奈良県奈良市
  • 身長:183cm
  • リーチ:184cm
  • 血液型:AB型
  • アマ戦績:138戦119勝 (89KO・RSC) 19敗
    2005年アジア選手権ミドル級銅メダル
    2011年インドネシア大統領杯ミドル級金メダル
    2011年世界ボクシング選手権大会ミドル級銀メダル
    ロンドンオリンピックミドル級金メダル
  • プロ戦績:18戦16勝(13KO)2敗
    WBA世界ミドル級王座(1期目:防衛1=陥落 2期目:防衛1)
    WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛0)
  • KO率:72%
  • スタイル:右オーソドックス
  • ニックネーム:黄金の拳

ゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキン(39歳=カザフスタン)

  • 生年月日:1982年4月8日
  • 出身:カザフスタン・カラガンダ州カラガンダ
  • 身長:179cm
  • リーチ:178cm
  • アマ戦績:350戦345勝5敗(但し国際大会で8敗が確認済み)
    アテネオリンピックミドル級銀メダル
  • プロ戦績:42戦40勝(35KO)1敗1分
    WBOインターコンチネンタルミドル級王座
    IBO世界ミドル級王座
    WBA世界ミドル級暫定王座(防衛0=正規王座に認定)
    WBA世界ミドル級王座(防衛10=スーパー王座に認定)
    WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛9)
    WBC世界ミドル級暫定王座(防衛4=正規王座に認定)
    WBC世界ミドル級王座(防衛4)
    IBF世界ミドル級王座(防衛4=剥奪)
    IBF世界ミドル級王座(2期目:防衛1)
  • KO率:83%
  • スタイル:右オーソドックス
  • ニックネーム:GGG(トリプルG),God of war

世界ミドル級現役王者

WBAスーパー:村田諒太(帝拳=V1) レギュラー:エリスランディ・ララ(米)
WBC:サウル・アルバレス(メキシコ=V1) レギュラー:ジャーモール・チャーロ(米=V4)
IBF:ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン=V1)
WBO:デメトリアス・アンドラーデ(米=V4)

 

スポンサーリンク

試合決定報道コメント

村田諒太選手

ボブ・アラムCEO(米トップランク社)

「私たちとミスター本田(本田明彦帝拳ジム会長)は、ムラタ対ゴロフキンの実現に向けて尽力している。ゴロフキンはすでに同意した。ただ、ゴロフキンと契約を結ぶDAZNとの間に何らかの問題が生じてしまっている。しばらく様子を見ていかなければいけない」

「ホームグラウンドで戦うリョウタ・ムラタが、アップセット(番狂わせ)を起こすことができると考えている。GGGに勝利した場合、私はムラタがクリス・ユーバンクJrと戦うことを何よりも望む。それはアメリカでも、日本でも、イギリスでもビッグファイトとなるだろう」

スポンサーリンク

Press Conference -記者会見
2021.11.12

村田諒太選手コメント

Coming Soon…

ゲンナジー・ゴロフキン選手コメント

Coming Soon…

スポンサーリンク

Press Conference -記者会見
2021.12.27

村田諒太選手インタビュー

Coming Soon…

ゲンナジー・ゴロフキン選手インタビュー

Coming Soon…

動画

Coming Soon…

 

スポンサーリンク

Weigh-In -前日計量
2021.12.28

WBA世界ミドル級スーパーチャンピオン
村田諒太(帝拳/16勝13KO2敗)
体重:–.–kg

IBF世界ミドル級チャンピオン
ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン/40勝35KO1敗1分)
体重:–.–kg

村田諒太選手インタビュー

Coming Soon…

ゲンナジー・ゴロフキン選手インタビュー

Coming Soon…

動画

Coming Soon…

 

スポンサーリンク

Fight-Day -試合結果
2021.12.29

WBAスーパー&IBF世界ミドル級統一戦
WBAスーパー王者:村田諒太(帝拳) vs IBF王者:ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

スポンサーリンク

試合動画

Coming Soon…

スポンサーリンク

試合後コメント

Coming Soon…

スポンサーリンク

一夜明け会見

Coming Soon…

スポンサーリンク

ボクシング関係者・著名人のコメント

Coming Soon…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。